浮気証拠の具体例とは?離婚にまつわる有責行為を証明するにはどんな証拠が必要?

離婚にまつわる有責行為は多数ありますが、それぞれ必要となる証拠が異なります。また、証拠の有無によって、慰謝料請求や離婚そのものが認められるかどうかが大きく変わります。

離婚に関する戦いに万全の体制で臨むためにも、それぞれのケースに応じた正しい証拠を知っておきましょう。

不貞行為の証拠になるものとは?

まず、不貞行為とはあくまでも性行為(セックス)です。肉体関係のない、プラトニックな関係ならば法的には不貞行為にはなりません。また、下半身が絡まないものも不貞行為の対象にはなりません。

尚、オーラルセックス(口腔性交)のように、射精をともなう行為についても不貞行為と認められます。

その上で、下記が不貞行為にまつわる証拠とその強さです。

証拠品証拠としての強さ補足
ラブホテルの出入り写真・動画動画だとより強い。顔が鮮明に分かる事が条件 複数回必要
裸体で抱き合う写真・動画動画だとより強い。顔が鮮明に分かる事が条件
本人が浮気を認めた音声データ本人(浮気相手)の証言と明確に分かる内容である事が重要
自宅の出入り写真・動画単体では弱い。複数回かつ仕事の業務上、不要な宿泊であることが条件
キスの写真・動画単体では弱いが、その他と複合させることで有力な証拠に
抱き合う写真・動画(衣服着用)単体では弱いが、その他と複合させることで証拠の補足に
ラブホテルのレシート・領収証単体では弱いが、その他と複合させることで有力な証拠に
ラブホテルのクレジットカード利用明細単体では弱いが、その他と複合させることで有力な証拠に
LINE・メール等の文面不貞行為があった事を強く示す内容であることが必要
外出先で食事をしている写真・動画×単体では証拠にならない
電話の通話履歴×単体では証拠にならない

写真や動画であれば、妻(夫)と浮気相手の顔がしっかりと判別できる物であることが前提です。また、メールや手紙などの文章系の物は内容によって強弱が変わりますが、基本的には性行為があった事をうかがわせるような物であれば証拠能力があります。

尚、ここでは×としている単体では証拠能力が無いような物であっても、複合する事で証拠となり得る可能性はありますので、出来る限り疑わしい物は記録・保管しておくのが望ましいです。

証拠集めは慎重に

不貞行為の証拠集めには探偵を使う、自力で集める、知人の協力を仰ぐなど、様々な方法がありますが、いずれも疑っている事、証拠集めをしている事がバレてしまうと最悪です。相手はより巧妙な手口で浮気を隠そうとしますし、証拠となる物を全て処分してしまうかもしれません。

自分は自然な生活を振る舞いつつ確実に証拠を集める為には、やはりプロの力が必要ですので、大阪で探偵社をお探しの方は下記記事も参考にしてみて下さい。

大阪で浮気調査を頼めるオススメ探偵社一覧

DVの証拠になるものとは?

ここでは、実際に手をあげられる暴力のDVについて証拠となる物を記載します。

病院の診断書 暴行時の音声データ
被害状況の内容・日時を記した日記 傷やアザの写真(顔写真なし)
第三者(成人)の証言 子どもの証言

◎……1発で証拠能力がある
〇……複数回で強い証拠になる
△……その他と複合で証拠となりうる

ドメスティックバイオレンス(DV)は、傷害罪か暴行罪が適用される立派な刑事事件であることから、暴行を証明できる証拠能力が強い事が特徴です。病院の診断書や音声データはいずれもそれ単体で強力な証拠となりますし、いずれも暴行内容や日時のメモと合わせることで、十分慰謝料請求が可能になる案件です。

DVの証拠は保存方法に特に注意

DVの証拠を集めることはそれほど難しくありませんが、極めて注意が必要なのが証拠の保管場所です。もしも、DV被害を記録した日記やスマホなどが相手の手に渡ってしまえば、暴力はエスカレートする可能性が非常に強く、最悪命に関わる危険があります。

スマホのデータであれば、記録したら即信頼できる友人へ送信しておき自分のスマホからは消去しておいたり、日記であれば、絶対に相手が立ち寄らないような場所に保管しておいたり、最大限の注意を払って下さい。

状況説明・日記・メモ書きに必要な要素

  • 日時
  • 場所
  • どのような暴力を振るわれたか
  • 暴言があればその内容
  • 被害状況(傷の程度)
  • 加害者の暴力後の行動
  • 自分の暴力後の行動
  • 相談・通報の記録
  • 相談・通報しない場合にはその理由

DVの状況メモは、上記を詳しく記載しておきましょう。詳細であればあるほど、証拠能力が高いと判断されます。

診断書にはケガの理由も記載してもらう

本来であれば、暴力を振るわれた時点でまず警察に通報すべきです。しかし、ケガの度合いや何らかの事情で病院が先となるケースもありますが、その場合には診断書にケガをした理由を必ず書いてもらいましょう。診断書は通常傷病名のみが記載されますが、ケガをした時の状況についても申告すれば記載してもらえます。

また、会社や個人で加入している生命保険などで、傷病手当金が出る場合もあります。その申請の際にもケガをした時の詳しい状況が必要なので、証拠としてとは別に、ケガの理由は必ず書いてもらいましょう。

逃げ道は確保しておこう

DV被害を受けている場合、証拠集めとは別で自分の命を守るために一刻も早く配偶者・パートナーから離れるべきです。

内閣府男女共同参画局が主導して、全国に配偶者暴力支援センターが設けられていますので、まずはここに相談しましょう。勿論、相談先は警察でも大丈夫です。

かといって、配偶者との住まい以外に行くところが無い、という方も安心して下さい。約全国100箇所にDV被害を受けている人をかくまうシェルターがあります。

シェルターの場所は被害者保護の観点から公表されていませんが、配偶者暴力支援センターや警察から紹介してもらう事が可能です。

配偶者への愛情が残っていて、まだ大ごとにしたくない、刑事事件にはしたくない、と思っていたとしても、いざと言う時に逃げられる場所を知っておくべきです。DV被害を受けたら、程度の重い軽いにかかわらず、一度は配偶者暴力支援センターに相談して下さい。

モラハラの証拠になるものとは?

暴言を含む、精神的な虐待をモラハラ(モラルハラスメント)と言いますが、モラハラは形に残りづらいのが特徴な為、証拠集めが難しい事で知られています。では、どのような証拠があればモラハラを立証することができるのでしょうか。

罵倒された事を示す音声データ 物にあたるなど暴力的な行動の動画・写真
侮辱・罵られているメールやLINE モラハラの状況を説明した日記やメモ
鬱や睡眠障害など精神障害の診断書 第三者の証言

〇……複数回で強い証拠になる
△……その他と複合で証拠となりうる

モラハラの証拠はいずれも単体ではあまり強くないという点が特徴です。モラハラを立証する為には

  • 回数が多い・期間が長い
  • 被害者に落ち度がない事
  • 自身が弱い立場にいること(収入や家庭環境など)
  • モラハラによってどのような被害を受けているか具体的に述べる事

これらが必要となります。一般的にモラハラは夫婦の社会的・家庭内での立場に強弱がある中で、上の夫(妻)が被害者を精神的に追い詰める構図です。ただ、直接的に手を出したり、明確な証拠が残るわけではありませんし、1回の暴言だけでモラハラと認定されるわけでもありません。

自分が弱い立場である事を証明するための物(収入証明や家計簿など)も補助的な資料として必要という点も押さえておきましょう。

音声データを残しておくのがベストですが、日記でも長期間であれば十分強い証拠となり得ますので、モラハラの証拠集めは根気よく続けていくのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA