夫(妻)の風俗通いは不貞行為?離婚に至った事例も

夫が時々帰りが遅い、普段使わない石鹸のような臭いがする等々、浮気を疑うポイントはありますが、浮気を疑い調査をした結果、その原因が浮気ではなく風俗通いだった……そんなケースで離婚は認められるのでしょうか?また、不貞行為として慰謝料請求が可能なのか、実例を交えて解説していきます。

肉体関係があれば風俗であっても不貞行為で離婚できる

男性は認識が薄いかもしれませんが、風俗の中でもセックスを目的とするソープランドへ行く事は、不貞行為となります。

また、妻がそれを理由に離婚を申し立ててきた場合、有責事項として認められ、離婚及び慰謝料請求をされる可能性は非常に高いです。

風俗通いの夫との離婚で多額の金銭の支払いを認めさせた事例

男性の中には、『風俗と浮気は全く別物』と考えている方も少なくありませんが、そのような考えで安易に風俗を利用する事は、夫婦関係の破綻原因となりうる重大な行為であることは覚えておきましょう。

風俗を利用した夫には慰謝料請求も可能

妻は、風俗(ソープランド)を利用した夫に対して、それを不貞行為として離婚及び慰謝料の請求を行うことが可能です。

前述の事例のように、実際に慰謝料が認められたケースもあります。

ただし相手の風俗嬢に慰謝料請求は不可能

通常の浮気・不貞行為の場合、配偶者だけでなく浮気相手にも慰謝料請求が可能ですが、相手が風俗嬢のケースではそれは認められません。

風俗嬢はあくまでも仕事として行っている為、通常の浮気とは異なるケースとみなされます。

不貞行為に該当する風俗ってどこまで?

このように、風俗の中でもソープランドのようにセックスを目的とする場所を利用することは不貞行為として有責事項となります。

では、その他の風俗はどうなのでしょうか。

クラブ・キャバクラ・ガールズバーなどは該当しない

風俗店にカテゴライズされる中でも、クラブ・キャバクラ・ガールズバーのように肉体関係を前提としない店舗へ行くことは、不貞行為には該当しません。これは女性側がホストクラブを利用していても同様です。

ただし、アフターなどの店外で風俗店の女性(男性)と関係を持った際には、当然不貞行為となります。また、その際は、風俗嬢側も店舗外での私的な関係として慰謝料請求をされる可能性は十分あります。

ピンサロ・ヘルス・デリヘルなどは不貞行為となる可能性が高い

一方、本番行為を前提としないけれども射精を伴う風俗店であるデリヘル・ヘルス・ピンサロなどは、不貞行為とみなされる可能性が高いです。

と言うのも、不貞行為の定義にはセックスだけでなくオーラルセックス(口腔性交)や手淫などの射精を伴う行為全般を類似性行為として認定しており、デリヘルやピンサロなどの利用も不貞行為に該当するのです。

慰謝料に関しては、

第三者との浮気 > ソープランドでのセックス > ヘルス・ピンサロ等

といった順番で金額が変わりますが、いずれにしてもこれらの風俗通いは立派な不貞行為として離婚及び慰謝料請求の原因となりますので十分気を付けましょう。

まとめ 風俗通いにお悩みの方は今からしっかり対策を

夫(妻)の風俗通いが発覚し、どうしても我慢できないという方は多いかと思います。勿論、話し合いで辞めてもらう事で許せる方もいるかもしれませんが、風俗通いが不貞行為である以上、離婚・慰謝料請求を考える方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、しっかりと準備した上で離婚に向けての協議・調停を行いましょう。

通常の浮気調査とは違い、風俗店の利用は証拠も集めやすいので手順さえ間違わなければ離婚・慰謝料請求はスムーズに進むはずです。

下記記事も参考に、是非ともご自身が納得のいく結末を迎えられるよう頑張って下さい。

浮気証拠の具体例とは?離婚にまつわる有責行為を証明するにはどんな証拠が必要? 離婚にまつわる慰謝料とは?相場と内容を知り正しく請求しよう 離婚調停で勝つ為に 必要な準備と流れを実体験に基づいて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA