画像多数】浮気調査の報告書実例~探偵の調査の中身とは~

ここでは、探偵社に浮気調査を依頼した際に作成される調査報告書の内容について、実物の画像を交えて解説していきます。

浮気調査の報告書とは

調査報告書とは、探偵社に浮気調査を依頼した際、調査の結果をまとめた資料です。この報告書に記載される主な内容は以下の通りです。

浮気をしている調査対象者と浮気相手の基本情報

  • 氏名
  • 住所
  • 勤務先
  • 電話番号(自宅・勤務先)
  • 自動車の車両情報

まずは、対象者と浮気相手の基本情報が掲載されます。この中には、調査中に判明した部分も記載され、住所や連絡先といった細かい情報までしっかりと記載されます。

調査日の経過

  • 調査を行った日付
  • 時間
  • 調査員がいつ監視を開始したか
  • 証拠となる写真

まずは、上記のように探偵が調査を開始した時刻と場所(住所)が記載され、車などが置いてある画像が日時付きで記載されます。

調査開始後、対象者が建物から出てこないなど、状況に変化がない場合にも、上記のように経過が記載されます。

調査対象者に動きがあると、その時間や行動・写真が記載されます。実物では、画像の黒い部分に対象者が映っており、しっかりと顔が分かる写真が撮影されています。

その後、尾行の経過が写真とともに記載されます。ただ、尾行は必ずしも24時間続けるわけではありません。これは、尾行バレを防ぐ為に必要な事で、加えて事前に依頼者から受けている情報を元に浮気相手との接触の可能性が少ないと判断したら、張り込み先を変更する事もあります。

そして、浮気相手との接触が確認できると、赤線・赤字などで強調されて記載されます。勿論写真は複数枚あり、しっかりと顔が分かる物が掲載されます。

途中で親密さをうかがわせるシーンがあれば、それも当然写真+記載。

両者の道中の行動内容もしっかりと書かれます。

浮気の証拠となる決定的なシーンです。この時はかなり詳細な情報が載ります。写真もしっかりと顔が分かるものからホテルや自宅等、場所の詳細が分かる写真ととも記載され、入室する事がハッキリと分かります。

このケースでは休憩なのか宿泊なのか分からない状態でしたので、調査員はそのまま張り込みを続行。対象者と浮気相手は宿泊をしたので朝までの経過も記載されます。

調査員が夜中も張り込んでいる事を示す時刻付きの写真もしっかりと記載されます。

入室と同時に大切な退室の瞬間もキッチリと押さえています。この際、何時間ホテルにいたのか、といった滞在時間についても掲載されます。

最後はその日の終了時刻と状況について報告が入り、調査終了となります。

調査報告書は事実の記載がメイン

探偵社各社により細かな違いはありますが、基本的には「基本情報」と「調査日の詳細」がメインとなっています。その際「AとBは浮気をしている」「AとBは親密で恋人のようだ」と言った主観的な語句・表現は一切入りません。あくまでも、出来事を事実としてレポートしているものです。

調査報告書には、調査の対象者と浮気相手、そして依頼者との関係性やこれまでも経緯といった細かい背景・事情が書かれる事はありませんので、調査報告書単体を持って、必ずしも裁判に勝てる・慰謝料を貰えるといった物ではないという点は押さえておく必要があります。

ただし、非常に強力な決定打となる事は間違いなく、証拠能力として確実に裁判でも採用されるのが調査報告書です。

調査も報告書も中身は自分次第でもある

調査報告書は基本的に探偵社が作成するものです。しかし、調査の方法や内容に関しては依頼者が持っている情報や希望する調査方法によっても大きく異なります。また、事情によっては、後々の裁判等を見据えて浮気調査と関係ないような事柄も調査・報告書に盛り込む必要があるでしょう。

大切なのは「探偵と依頼者はチームだ」という意識を持っておく事です。

探偵に任せっきりにする事なく、依頼者も調査の一員として協力し、問題解決に取り組みましょう。

調査報告書の活かし方

これから、配偶者の浮気を理由に離婚や慰謝料請求を想定しているならば、必ず探偵社に浮気調査を依頼し、調査報告書を入手しておきましょう。また、裁判まで行かずとも依頼者の求める結果に向けての強力な武器となる事は間違いありません。

そして、大切なのはこの調査報告書を入手してからです。

そもそも相手の浮気を疑い、探偵社へ依頼しようという時点で、本来の目的があるはずです。離婚・復縁・慰謝料請求・親権等々の目的に応じて、調査報告書を活用しなければなりません。

それぞれの目的の為には、様々な準備をする必要がありますが、いずれにしてもまずは当人同士の話し合いです。そこからは言わば交渉事になりますが、調査報告書は確実な証拠として相手を黙らせる非常に強力な武器です。

それ故に使い方を誤らないよう以下の点に注意して下さい。

調査報告書は極秘資料 厳重な保管を

探偵社から調査報告書を受け取ったら、決して誰の目にも触れないよう厳重に保管して下さい。浮気をした配偶者は勿論の事、自身の家族・友人にも見せてはいけません。極めてプライバシーの高い内容なので、第三者に見せたり渡してしまうのはもっての他。特に配偶者との復縁を求めている場合は、時に調査した事自体を墓場まで持っていく事になるかもしれず、取り扱いには厳重に注意する必要があります。

コピーを用意しておく

不意のアクシデントに備えて複製を用意しておきましょう。また、原本とコピーは別の場所に保管して下さい。万一のアクシデントで片方を紛失してしまったとしても、コピーがあれば裁判証拠としても十分機能します。

配偶者や浮気相手にも見せる必要はない

当人との話し合いは必ず録音&調査報告書の存在を隠す

 

話し合いの過程で、探偵に依頼した事や調査報告書の存在を明らかにしてはいけません。なぜなら、存在を隠して話し合いを行えば、必ず相手方は事実と異なるウソをつくからです。そして、それが後々を有利に進める為の重要な言となるからです。今後について話し合う際には、必ず録音をしておき、調査報告書の存在は隠しましょう。

また、怒りのあまり相手に報告書を叩きつけるような事をしてしまうと、相手が逆ギレして調査報告書を持ち去ったり破いたりしてしまう恐れがあります。

依頼者であるあなたはすでに相手のウソ・欺瞞を理解しているはずですし、話し合いの場において必ずしも調査報告書の実物を見せる必要はありません。離婚の要求や慰謝料請求をする際に、弁護士や調停員など、公的な第三者にのみ見せればそれで十分です。

探偵社や弁護士としっかり相談する

調査報告書の活用術については、個別の事案ごとに有効な使い方が異なります。前述の3点はどのケースにも通じる共通事項ですが、その他の点については調査報告書を作成した探偵社や弁護士としっかりと話し合い、その上で活用方法を決めていくのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA