浮気調査を探偵に依頼した際にかかる費用・相場は?

浮気調査を探偵に依頼する場合にかかる費用は大凡20万円~100万円と非常にバラつきがあります。

これは、何回、何時間調査をするのか、どこまで調べるのか、といった調査内容によって変わります。

浮気調査にかかる費用の内訳

浮気調査を探偵社に依頼した場合の費用内訳は下記の通りです。

  • 着手金
  • 人件費・諸経費
  • 成功報酬

詳細な内訳は調査内容によって変わりますが、大きく分けると上記の通りとなります。

着手金とは

これは、浮気調査を依頼する事を決めた段階で必要となる前金のようなものです。相場は10万円~となっており、浮気調査の回数や結果に関わらず必要なケースがあります。探偵社の中には、着手金は取らず、その分成功報酬が高いケースもあります。

人件費・諸経費とは

人件費は文字通り、浮気調査を行うスタッフにかかるお金で、かける人数によって料金は変動します。

また、諸経費の内容は下記の通りです。

  • 車両代
  • 交通費
  • 燃料費
  • 機材代
  • 報告書作成費
  • カウンセリング費用
  • 弁護士相談費用

探偵社の多くは、これらを個別の金額として設定して計上はしません。人件費とセットでトータルの料金として、時間あたりいくらという設定をしています。

浮気調査スタッフの時間当たりの料金目安は2,500円~12,000円程度。

格安料金の探偵社では、諸経費が別途請求となるケースが多いので、依頼前の詳細確認は必須です。

成功報酬

成功報酬とは、浮気調査によって決定的な証拠が得られた場合に発生するのが一般的で、目安は10万円~となります。

但し、浮気調査の内容や探偵社によっては、どの形を成功とするか、それぞれ異なります。

相談者の内容や希望によっても何をもって成功とするかは異なります。浮気調査のゴールはどこなのか、相談者と探偵社で明確にしておくのは大事なポイントです。

浮気調査の費用を抑える為のコツ

浮気調査の費用は冒頭でも述べた通り、調査にかけた時間やスタッフの数によって大幅に変わります。その為、費用を抑えるには下記が大事なポイントです。

  • 自分の状況に合った料金体系の探偵社を選ぶ
  • 浮気相手と会う日や場所などの詳細な情報を自分で調べておく
  • 浮気相手の情報も出来る限り調べておく

自分に合った料金体系の探偵社とは?

浮気調査にかかる費用は、探偵社によって料金システムが異なります。

1.決まった回数の調査を統一料金で行う

数としては多くありませんが、最初から総額を明示できるところはこのタイプです。浮気調査の回数や時間の上限が決まっており、依頼者からのヒヤリングに則って、指定された日時に調査を行います。

メリット

・支払い総額がハッキリしているので、予算を立てやすい

デメリット

・早々に証拠を掴めた場合、不要な料金を払う必要がある

・自分が情報を持っていないと空振りになる可能性もある

・証拠が掴めなかった場合に延長しづらい

2.依頼者の都合に応じて時間制で料金設定をしているケース

探偵社の多くが採用している料金体系で、着手金や基本料金を設定した上で、調査時間と人数に応じて料金が加算されていくタイプです。

メリット

・証拠を掴めた時点で調査が終了するので、不要な料金を支払う必要が無い

・調査中に得られた情報で臨機応変な対応が取れるので、証拠を掴める可能性が高い

・証拠が得られなかった場合に継続するかどうかが選択しやすい

デメリット

・調査にかかる総額が膨れ上がる可能性がある

事前にあなたがどれくらいの情報を持っているかによって、調査にかかる時間や費用が大幅に変わります。ですので

  • 予算内で証拠を掴めなくても諦められる人は回数制限タイプ
  • 証拠を掴むか自身が納得いくまで調査を継続したい人は時間制のタイプ

がオススメです。

浮気相手と会う日や場所などの詳細な情報を自分で調べておく

浮気調査の目的は浮気の証拠を掴む事ですが、その為には浮気相手と自分の夫(妻)が会うタイミングを予め把握しておくことが必要になります。

やみくもに調査をすれば、空振りが増えて料金だけが嵩んでいってしまいます。

  • いつも帰宅が遅くなる曜日は無いか
  • 泊りがけの出張が増えていないか
  • 残業になりやすい曜日はないか
  • 自分の不在との関係は無いか

など、出来る限り浮気が濃い日を事前に調べておくと調査費用を抑える事に繋がります。

但し、これらを掴むために無理に携帯を見たり、夫(妻)を問いただすようなやり方はオススメ出来ません。浮気調査は警戒心を持たれてしまうと証拠をつかむのが非常に困難になります。

パートナーの予定を知るのが自力では難しい場合、第三者に協力してもらうのが一番ですが、いずれにせよ疑っている事を悟られないよう十分注意して下さい。

浮気相手の情報も出来る限り調べておく

浮気相手が誰なのか、明確な場合とそうでないケースがあると思いますが、もしも浮気が確定した場合、浮気相手にも不貞行為の慰謝料が請求できます。

その際、浮気相手の職業や連絡先、住所、配偶者の有無などは慰謝料請求の上で非常に大切な情報となります。

浮気調査の場合は、浮気相手の素性調査までセットになっているケースがほとんどですが、事前に分かっているようならそれらの情報は探偵社へ伝えておくとムダな調査費用は必要なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA